山梨勝沼ワイナリーめぐり: ランチと散歩道

日帰りの山梨勝沼ワイナリーめぐり、今回はランチと散歩道についてご紹介します。
GWは気候もよくて、いろんな花が咲いていて、ウキウキするお散歩でした。
ランチは、ビストロ・ミルプランタンというところに行きました。

いろんなところにぶどうのモチーフ。

小学校の敷地内に、ぶどう畑が。

このぶどう畑は総合的な学習・特色ある学校づくりの一環として保護者の協力によりつくられたものです。

こういう取組みってすてき。

なんてかわいらしいお花!

祝小学校からくらむぼんワインへの小道に咲き誇っていました。

この場所以外にもそこここに咲いていて、聞いてみたら、モッコウバラというんだそうです。

これはローズマリー。

花が咲いているローズマリーって初めて見た!

これはあやめかな?

つつじも咲き乱れてる。

歩いて少しくたびれても、見上げると360度山が見えて、疲れが吹き飛ぶ!

ぶどうの木に花のつぼみが。

咲くのは5月末あたりからということだから、もうすぐ。

この、小さくてかわいらしい白いお花はなんだろう。

ビストロ・ミルプランタン

日本橋のやまなし館でもらった、昔の雑誌の付録に載っていたお店。

時間的にちょうどよかったので、入ってみると、予約で満席という張り紙が!

だめもとで席が空いていないか聞いてみたら、10分ほど待てばOKとのこと!

言ってみるものです。

ワインの木箱が飲み物のメニューになっていておしゃれ。

すてきなので写真を撮っていたら、この右側のサイン、昨年亡くなったシャトー・マルゴーのディレクター、Paul Pontallierさんの直筆サインだと教えてくれました。

シャトー・メルシャンの研修で勝沼を訪れた際に、エスプレッソを飲みに来ていたそうです。

このビストロのオーナーの五味丈美さんは、銀座レカンの元シェフソムリエだったんだって。

これは、ワインも楽しみです。

ちなみに、ビストロの名前、ミルプランタン(Mille Printemps)は、フランス語で千の春という意味。

奥様が千春というお名前なんだそうです。すてき。

お水のボトルもパスティスのボトルを再利用していてかわいい。

乾杯は、ルミエールの甲州を使ったスパークリングワイン。

すっきり辛口でとってもおいしかった。

このワイナリーには行けなかったから残念だけど、ここで味わえてよかった。

地のわらびと玉ねぎ、南アルプスのベビーリーフのサラダ。

わらびのシャキシャキとねばりがなんともいえず美味しい。

トマトはびっくりするほど甘かった。

ミネストローネも優しい味わい。

メインは、甲州麦芽ビーフもも肉のグリエ、甲州富士桜ポークロースのロースト。

せっかくだから地のものをいただきたいよね。

これがどちらも絶品だった!

そしてね、花つきクレソンは、この時期だけの珍しいものなんですって。初めて見たね。

合わせたワインはこちら。

カベルネ・ソーヴィニヨンとマスカットベリーAのアッサンブラージュだそうです。

渋みが特に牛肉のグリエの香ばしさに合いました。

デザートまで食べちゃったもんね。

クレームブリュレ。

いちごのムース。

すでにワインをたくさん飲んでいるし、おなかいっぱいですっきりしたかったので、エスプレッソダブルと一緒に。

全部おいしかった!

また夜にゆっくり来てみたいな。

とってもオススメのレストランです。

お越しの際は、予約しておくのがよさそうです。

それでは、今日という日がみなさまにとってすてきな1日でありますように。

かしこ。

インフォメーション

訪れたワイナリーについては、こちらをご覧ください。

山梨勝沼ワイナリーめぐり: 発見がたくさん

ゴールデンウィークの最終日に、勝沼のワイナリーめぐりをしてきました。ワイナリーからワイナリーへの散歩道も気持ちが良くて、日本のワインのすばらしさにもたくさん気づけて、とってもとってもオススメな日帰り旅行でした。 東京からの出発は、新宿駅から。 JR勝沼ぶどう郷駅まで特急あずさまたはかいじと各駅停車を乗り継いで1時間半強です。 いざ出発。 …

ビストロ・ミルプランタン
山梨県甲州市勝沼町下岩崎2097-1
Phone: 0553-39-8245
Hours:
11:30-14:30 (L.O)
17:30-21:00 (L.O)
Wed is closed

Tags from the story
, , , , , ,
Written By
More from E M I

アラン・ウォンでディナー

朝から早起きしてたくさんのアクティビティをこなした3日めの終わりは、少しおしゃれしてアラン・ウォンというレストランへディナーに行きました。
Read More