キモズのパンケーキ、ラニカイビーチ、マカプゥ岬 – はじめての母娘ハワイ6

この日は早起きしてカイルアへドライブ。

キモズのパンケーキを食べに来ました。

わたしたち母娘は、とくに甘いものとかパンケーキが好きなわけではないのだけど、まあ一応行っておく?みたいなノリでカイルアにあるBoots & Kimo’s Homestyle Kitchenへ。

お店の脇に駐車場があるので、そこに停めている間に、母にお店の人に名前を伝えてもらいました。

お店の外で待っていると、15分くらいで名前が呼ばれて席に案内してもらえました。

このお店の支払いは現金のみなのに、2人とも現金をほとんど持っていなくて、待っている間に向かいの銀行のATMでクレジットカードで引き出しました。

店内はアメリカのダイナーって感じ。

注文したのは、パンケーキとエッグベネディクト。

ここのパンケーキは、パンケーキにかかっているマカダミアナッツのソースが名物なのです。

卵料理も評判です。

はっきり言ってしまうと、「ふうん」って感じでした。

甘いものがとくに好きではないからかもしれません😇

そしてこのお店は、観光客に勝手にスーベニアカップでコーヒーを出すという噂を聞いていました。

スーベニアカップの分がお会計に上乗せされるらしいの。

そのカップは持ち帰れるのだけど、そういう説明は一切なく、何も知らない観光客はそのカップを持ち帰ることもなく知らぬ間にただただ余分にお金を払わされるという。

ひどい話です。

それを知っているわたしたちは、”no souvenir cup please.”といってコーヒーを注文したけれど、他のお客さんの中にはスーベニアカップでコーヒーを飲んでいて、そのカップを持ち帰らずお店を後にしている人たちもいました。

そういう悪どいことをするお店がもちろんいちばん悪いけれど、そういう情報を集めることに対しても自分に責任があるかなあって思う。

自分の身は自分で守らなければならないですね。

お店を出ると、知り合いにばったり。

それくらい日本人観光客の多いお店です。

さて、腹ごしらえが済んだわたしたちは、ラニカイビーチへ。

ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」は海、天国の海という意味のビーチで、全米で最も美しいビーチにも選ばれたことのある場所です。

駐車場がないので、カイルアビーチパークの駐車場に車を停めて、そこから歩いていきます。

南に向かって坂を上がると、左側にすてきなおうちが並んでいて、3番目に出てくる路地を歩いていくと、ラニカイビーチに出られます。

ビーチはもうすぐ!

この小道を歩いていくと。

この絶景に出会えます。

曇り空だったけれど、ターコイズブルーのきれいな海。

この後水着になって少し海に入りました。

人もそこまで多くなくて、ゆっくりできます。

この写真は、ラニカイビーチからカイルアに戻っている途中のもの。

プルメリアの木があって、落ちている花を髪に飾りました。

カイルアビーチに戻り、そこでも少し海に入って、シャワーで砂を流し、お次はマカプゥ岬へ。

3つ目のトレッキングポイントです。

初日はダイヤモンドヘッドで時差ボケ解消 – はじめての母娘ハワイ1

絶対に行ってほしいマノアフォールズ – はじめての母娘ハワイ3

マカプゥ岬は、舗装された坂道をただただ登るという、単調なトレイルゆえ、かなしいことに道中の写真が1枚もありませんでした。

それに、もしかしたらクジラが見えるかもしれないということだったので、一生懸命沖の方を見ていたの。

てっぺんに到着したときの景色はこちら!

わあ、こんなコバルトブルーの海、見たことないよ!もちろんno filterだよ!

ラビット・アイランドと呼ばれるマナナ島。

トレッキングとしては単調な道のりでしたが、てっぺんから見える景色と涼しい風に癒されるトレイルでした。

日光を遮るものが一切ないので、帽子、サングラス、日焼け止めは必須、飲み物も持っていってくださいね。

3日めのアクティビティはこれでおしまい。

ホテルに帰って、シャワーしてディナーに出かけるのだ!

それでは、今日という日がみなさまにとってすてきな1日でありますように。

かしこ。

Boots & Kimo’s Homestyle Kitchen
151 Hekili St, Kailua, HI 96734 (map)
Phone: 808 263 7929
Hours: 7:00-15:00
closed | tue

Tags from the story
, , , , ,
Written By
More from E M I

アラン・ウォンでディナー – はじめての母娘ハワイ7

朝から早起きしてたくさんのアクティビティをこなした3日めの終わりは、少しおしゃれしてアラン・ウォンというレストランへディナーに行きました。
Read More